授業の流れ

| HOME 料理教室 | 授業の流れ |



rogo01.jpg

厨房男子は小学生の男の子限定の料理教室です。


dans08.jpg
dans07.jpg
cook05.jpg

授業の流れ

授業の流れ

教室に入るときは元気にあいさつをしましょう。

@ エプロン、帽子など、自分できちんとつけ、手洗いをすませます。
自分のことは自分でします。

A あいさつ
毎回生徒が順番で号令をかけます。
「きおつけ、れい」「おねがいします」「ありがとうございました」など。
あいさつはけじめをつけるには勿論大切です。
また、この教室で好きな料理ができるということに感謝する意味も含めて挨拶はきちんとできるまで厳しく言っています。

B メニューの説明
子どもたちは早く作りたくてたまらないのですが、安全に調理するためにも、簡単なポイントや説明をしっかりきいてもらいます。

C 実習
安全に!楽しく!料理は孤独な作業と思われがちですが、周りと助け合いながら調理します。

D 盛り付け、配膳
どうやって盛り付けたらおいしそうに見える?ごはんの位置は?創造力を養いながら…!

E 試食
みんなでがんばって作ったものです。嫌いなものは一口食べればOK。大きな成長です。
感謝の意味もこめて食べてみるチャレンジ精神をもちましょう。

F 試食
試食に今日の料理にまつわる話をします。
(例:カレーなら…地球儀で場所を確認し、習慣や風習のちがい、暮らしなどから料理について)

G 後片付け
一番いやな作業ですが、協力しあって最後までがんばります。

H まとめ
レシピに、今日のポイントや感想を書き、講師に見せ、コメントをもらいます。
(コメント欄があります)

I 終わりの挨拶
元気よく終わりましょう。

J 終了
心配な世の中です。できるだけ送迎をお願いします。

アフターフォロー

・ チェック表….月1回、保護者にむけてお渡しします。
  「技術」「取り組み」「創造」の3つの観点からその月のメニューにあった項目で3段階で評価します。一番下の欄には教室でのお子様の様子を講師からコメントさせていただいています。

これは、通知表とは違います。
子どもたちは緊張しながら刃物をもち、立ちっぱなしで、慣れない料理を一生懸命やっています。細かいポイントができていたかは講師としてチェックしますが、よいところを沢山ほめてあげてください。

そして、時折、一緒にレシピを見て話をしたり、ご家庭で料理をしたり、コミニュケーションを大切にしてください。

 初心者なんですが…

pate2-5.jpg

ご安心ください。殆どの方が、包丁も持ったことないという初心者の方ばかりです。
教室では、安全に道具を使うところから丁寧にご指導いたします。

 男の子ですが…

cook2-4.jpg

男の子でも料理を好きなお子さんばかりが集まっています。料理は女性だけのものではありません。

男性の料理人は多いものです。しかも、かっこいい!むしろ、男の子のほうが、研究心やこだわりが強いように思えます。生きていく上で、必要なものが全て学べるのが料理なのです。

 休日でも開講

cook2-3.jpg

平日はどうしても、他の習い事が詰まっていて、バタバタしてしまいがち。
そんな方のために、ちょっと時間に余裕がある土曜日や日曜日でも開講しています。

 毎月行けるかどうか…

pate2-3.jpg

予定がはっきりしないのなら、来月はお休みして、その次に、というご都合に合わせた設定もできます。
中学生や、決まった曜日、時間に来れない方のために、回数制のコースもあります。
ご遠慮なくご相談ください。

 ブログ あります!

・クッキングルームHappaのHP
>>こちらへ

・子どももおとなも楽しめる料理教室Happa
>>こちらへ

・Happaの食育日記
>>こちらへ

・みそソムリエみどりのBlog
>>こちらへ